十全社 千葉(君津、木更津、袖ケ浦、富津、浜野、鋸南)の葬祭・葬儀・葬式は十全社十全社 千葉(君津、木更津、袖ケ浦、富津、浜野、鋸南)の葬祭・葬儀・葬式は十全社

メニュー

コラム

2021年7月10日(土)

  • お役立ち情報
  • ニュース
  • 終活
  • 葬儀
  • 葬儀の事前準備

葬儀と供養の情報発信【3】 「コロナ禍の葬儀のかたち」

 

コロナ禍の葬儀のかたち 編
 
 「コロナ禍になって葬儀は何が変わったのでしょうか」
 
 「一番大切な故人様の見送りがしっかり出来なかった」 
 「コロナが気になって、近親者以外の方をお誘いしていいのかわからない」など、
 様々なお声から、 十全社として出来ることは何かと考えました。
 まずは、十全社の取り組みについてお話しします。
 
  

     十全社の6つの取り組み

①参列者様に手指消毒をお願いする 手指消毒液を設置し、参列者様に手指消毒をお願いしています

②参列者様にマスク着用をお願いする 参列者様にマスク着用をお願いすると共に、

                  マスクをお持ちでない方にはマスクをお渡ししています。

③スタッフは原則マスク着用 弊社スタッフはお客様の前では原則として

              マスクを着用させていただきます。

④受付所にシールドを設置 受付に立たれる方と参列者様が対面される受付所に、

             飛沫感染防止のためのシールドを設置します。

⑤非接触式体温計の導入 参列者様の非接触式体温測定を行います。

⑥ご焼香時の間隔確保 密集・密接を避けるために一定間隔をおいて席を配置しております。

 

集団感染は「換気が悪い場所」
「人が密に集まって過ごすような空間」
「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」で多く発生しているため、
十全社ではそのような状況を生まないための対策を行っています。

 

 ▼コロナ禍になって何が変わったのでしょうか
 
  

 コロナの感染拡大にともない葬儀のあり方についても大きな変化が見られます。

 

 

 ▼一日葬?二日葬?

 

  十全社では感染拡大対策に万全を期して

  コロナ禍でも「通夜・葬儀」を執り行っております。

  コロナの影響でますます葬儀の規模縮小が進みました。

  通夜をやらない「一日葬」や、葬儀もしない「火葬式」の割合も増えています。

  しかしそうはいってもご葬家を取りまく環境はまちまちです。

  亡くなった方の年齢、身内が多いか少ないか

  長患いなのか急死なのか、子縁血縁が強い地域か否かなど

  100人いれば100通りの葬儀があります。

 

  十全社では、思い出に残る故人様らしいお別れが出来るよう

  心を込めてお手伝いして参ります。

 

 ▼会食は?

  

 通夜振る舞いや精進落としなどの会食についても

 お持ち帰り仕様にしてお家で召し上がっていただく取り組みをしています。

 通夜では、煮物やお寿司などのオードブル形式から「持ち帰り弁当」に

 葬儀での「戻り精進」も 「持ち帰り弁当」 「火葬場でのお菓子・会食」仕様になっております。

 

 ▼参列の範囲は?

  

 この時代でも少人数でおさまらない葬儀もございます。

 若くして亡くなられた方、会社役員の方、

 地域のサークル活動をしていて人望の厚い方など

 多数の参列を避けられないケースがあります。

 そんなとき、十全社では開式前に、一般参列者のための時間を設定し

 十分に間隔をあけたうえで、順番にご対面・焼香していただき

 式には参加せずお帰り頂くこともございます。

 通夜、葬儀の読経の着座はご遺族ご親族のみに限定するといった対応をさせて頂くことも可能です。

 (例)

 17:00~17:45 一般参列者 対面可能

 18:00~    ご遺族ご親族様のみ

 

亡くなった方を弔うという行為は

太古の昔より、人類に備わった感情です。

この時代、参列をしてお別れをしたくても遠慮せざるを得ない方々がたくさんいます。

私共、十全社ではご遺族の想いにしっかり寄り添い

心まで簡略化することなくお手伝いさせていただきます。

 

コラム一覧

いつでも、どこでも、どんなことでも。

皆様の「万が一」に備えて、
いつでも十全社にご相談ください。

0120-100-544

24時間365日対応、いつでもお電話ください